不動産の囲い込みって何?

2023/12/01 ブログ

不動産の「囲い込み」という言葉を聞いた事がありますか?簡単に言うと仲介を依頼された不動産会社が両手仲介を狙って、他社に客付けさせない行為の事です。通常、仲介を依頼された不動産会社は、自社で買主を見つけて売買契約を成約させると、売主・買主両方から仲介手数料が貰えます。しかし他社が買主を見つけてくると、買主は他社に仲介手数料を支払う事になるので、仲介を依頼せれた不動産会社は通常貰える手数料が半分になってしまいます。囲い込みをされると他社に購入希望者がいても、元付け業者は、なにかしら理由をつけて断ろうとします。これが不動産業界の「囲い込み」です。「囲い込み」をされると、売却に時間がかかったり、ずっと売れない可能性が高くなります。実際、「囲い込み」をしている業者は非常に多いです。「囲い込み」をしているかどうかを判別する方法として、不動産ポータルサイト(アットホーム、スーモ)を検索していただき、あなたの物件が仲介を依頼した不動産会社だけしか物件が掲載されていなければ、囲い込みの可能性が高いです。不動産を売却する為には、物件情報を拡散させて、不動産会社同士で情報を共有する事が大事です。売主が不動産売却の仲介を不動産会社に依頼する際、「物件掲載は他社もOKにしてください」と伝えてみましょう。そして、その旨を媒介契約書に記載してもらいましょう。さらに不動産ポータルサイトで自分の物件を定期的にチェックしてみてください。ずっとあなたの物件が1社だけの掲載であれば、不動産会社を変更する検討も必要です。
​​​​